Month: 2月 2011

水道局のおっちゃん

 - by naoki

うわぁ、mこれはすごい二日酔いだー・・。ったまいてー。
さっき水道メーターの点検のおっちゃんが来た。
それで、薮から棒に「前回点検時から水道使用量が半分以下になってますが、大丈夫ですか?」なんて質問をブッ込まれた。
このデリカシーのかけらも無い発言に、体がのけ反るくらいダメージを負って、凄く打ちのめされた気持ちになった。
「やかましいわwこのボケッ。余計なお世話じゃい」って思ったけど、ちゃんと紳士に応えておいた。
「あぁ、僕は大丈夫です」って。
この「僕は」ってのがすごく深いフレーズなんだけど、それに反応することもなく水道局のおっちゃんはそのまま帰っていった。
あの人に「僕は」の味わい深さがちゃんと伝わったかな。
それにしても二日酔いしんどいなぁ。

俺だけは転ばない

 - by naoki

「俺だけは転ばない」
そう考えていた時期が俺にもありました。
朝から辱めを受けました。
信号赤だったから立ち止まろうとしたら地面が凍ってて滑って転びました。
そのあと立ち上がろうとしたら、また滑って転びました。
目の前を通る車の助手席に座ってた人が指さして手を叩きながら爆笑してました。
僕の唇読術によると、その爆笑してる人は「腹いてぇ~><」って言ってました。
トークでは滑り知らずの僕が、まさか物理的に滑ることになるとは思ってもみませんでした。
はい。

やることが

 - by naoki

やることがたくさんあることが嬉しい。
作るものがいっぱいあるから楽しい。
作った数だけノウハウが蓄積されて、そこから新しいイメージやアイデアが生まれてくる。
それが楽しい。
アクションを起こしたときに発生するミスからは”成功”という可能性が見つかるかもしれないけど、”何もしない”というミスからは何も可能性が生まれない。
最初は解らなくてもとりあえず無理矢理始めることで可能性が広がっていくから、立ち止まらないで歩きだせばいいと思うよ。
やってみたら意外と簡単だったりするから。
そんなことを最近よく思うんです。